Tag Archives: ATMOS

GEL-MAI KNIT × G-SHOCK

この度CASIOのG-SHOCKとASICSTIGERが誇る人気モデルのGEL-MAIがコラボレーションした「GEL-MAI KNIT×G-SHOCK」が7月1日(日)atmosで発売となります。

今回発売する商品は、ジャパニーズテクノロジーをコアにした機能性とデザインをもつ両ブランドのスペシャルモデル。

今年で35周年を迎えるCASIOのG-SHOCKはジャパニーズテクノロジーを用いて、タフさを象徴する時計として確固たる地位を築き上げております。数々のブランドがアイデンティティを示すため多くのコラボレーションウォッチとしての歴史もあります。

そしてこの度、コラボレーションを行うASICSTIGERもまた、同じ日本のブランドとして数々の歴史を刻み、様々なヘリテージモデルを生み出してきました。

今回の「GEL-MAI KNIT×G-SHOCK」はアッパー(甲被)全体にはっ水加工「PlasmaGuard(プラズマガード)」を施し、靴底は、 アウトドア用に開発した、 濡れた路面でのグリップ性に優れた素材を採用しています。ベロ部のラベルにコラボレーション商品の証である両ブランドのロゴを入れ、靴ひもの先端部分にレッドを配しアクセントを付けています。

現場で使用できる「ホンモノ志向」を原点にもち、ストリートで愛され続けている両者のコラボレーションモデルは、スニーカーファンならずとも必見です。
是非、お客様の足でご体感ください。

■ 「GEL-MAI」について

1990年代に販売していたランニングシューズ「GEL-MAI」を復刻したシューズです。足の形状にあわせてよりフィットするよう、アッパーと靴ひもを結ぶ位置をアシンメトリックに設計し、足首周囲に靴ひもの通し孔を設け、巾着のように一点で足の甲から足首まで締められるようにした独特なデザインと機能構造が特徴です。ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)にアシックスが独自に開発したスポンジ材「fuzeGEL(フューズゲル)」を搭載してクッション性を高めています。

7/1(SUN)IN STORE
ASICS TIGER GEL-MAI KNIT G-SHOCK
H8P2N-0101
¥19,000+TAX
※G-SHOCKの販売はございません。

7/1(SUN)IN STORE
ASICS TIGER GEL-MAI KNIT G-SHOCK
H8P2N-9090
¥19,000+TAX
※G-SHOCKの販売はございません。

 

VAMP LIFE × ATMOS ”DIPLOMATS” JIM JONES Capsule Collection

先日29日 atmos NEW YORKにてVAMP LIFE × ATMOS ”DIPLOMATS” JIM JONES Capsule Collection発売に先駆けロンチパーティーが開催された。

Cam’ron / Jim Jones /Juelz Santanaから構成されるHIP HOPグループ ”DIPLOMATS”のメンバーでもあるJim Jonesが手がけるブランド”VAMP LIFE”とatmosのコラボレーションが発売。
当日はメンバーのCam’ronも駆けつけ、終始賑わいを見せた。

Successful event today in Harlem my brother pulled up on me @mr_camron #TheMightySet #Vl @atmosnyc

jimjonescapoさん(@jimjonescapo)がシェアした投稿 –

       

 

現在VAMP LIFE × ATMOS ”DIPLOMATS” JIM JONES Capsule Collection はatmos NYC webサイトにて購入が可能となっております。
atmos NYC WEB サイト

 

atmos JAM Vol.1 開催。

2018年6月8日atmos Jam vol.1が開催された。

第一回目となる今回は、NIKE AIR MAX 1 “CURRY”のリローンチを記念して、その当時(2003年)の思い出話、制作秘話、マックスカレーが発売に至った経緯、当時のストリートカルチャーの背景、BOON(2003年7月号)の1ページに込められた人々の思い、など今まで語られることのなかった裏話を大暴露。 15年前に原宿で起こった小さな奇跡の数々が、現在に新たな物語を紡いでいます。 なかなか聞くことができない当事者のみが知り得るこの話や、あの話。今回特別に披露いたします。

【トーク映像はこちらより↓↓↓↓↓】


atmos JAM(アトモスジャム)>とは?
プロダクトの陰に潜む 無数の物語を紡いでいき、 過去、現在、未来 点と点が繋がって線になる時、 その線は未来への架け橋となる。
プロダクト自体のデザイン的 理系思考よりも 人にクローズアップした哲学的 文系思考で考察してゆく アトモスクロニクル 人と人との濃密な コミュニケーションの中からしか 名作は生まれ得ない。 ゼロがイチになる瞬間 イチから紡いだジュウ、ヒャク、セン、マン それは一滴の雫が大河へと変貌を遂げていくかのように 人から人へ、時間から時間へ、空間から空間へと 果てしない旅を通して形成されていく。
人の情感に訴えかけるプロダクトとは どのように生まれて来るのか。 製作者の思惑、願い、祈りとは。 新たな息吹が吹き込まれた瞬間、 そして歴史的名作が生まれた背景とは? そこの一端でも紐解いて 皆さんとシェアできていければ幸いです。


atmos JAM vol.1
場所:atmos 新宿 住所:東京都新宿区新宿4-1-1 新宿サウスアヴェニュー 1F
開催日時:2018年6月8日(金)
21:0021:30

トークセッション MC:今井タカシ(初代アトモス店長)
ゲスト:小島奉文(アトモスディレクター)、高見薫(元某スポーツメーカーアトモス営業担当)

当日、実に100名近いオーディエンスに集まっていただき、非常に有意義なトークセッションが行われました。

atmos JAMは月に一度の定期イベントとなります。

次回は7月に行う予定です。
乞うご期待。